葬儀の規模と様式に合わせて連絡をしよう

故人の通夜や告別式、いわゆる葬儀に誰を呼べば良いのか、とっさに答えることはできますか?

「誰に連絡すれば良いんだろう」「自分の友人は呼ぶべきなの?」など、考え始めるときりがありませんよね。

葬儀のさいに誰を呼べば良いのかは、葬儀の規模や様式によって異なります。とはいえ、基本的に「呼ぶならこういう人」というのは決まっていますので、今回は葬儀に呼ぶ人の選び方と、案内状の書き方、出し方について説明します。

基本は家族+親族+故人と親しかった人、会社の人

葬儀の案内状をもらったことはありますか? もらったことがある人は一つ思い出していただきたいのですが、あなたと故人の関係はどんなものだったでしょうか。

なかなかいい出しにくいことですが、多くの人にとって「冠婚葬祭への参加は負担」です。

結婚式や葬儀ではそれなりの準備が必要になります。スケジュールの調整やマナーの確認、香典や弔電、遠方の人なら葬儀会場までの交通費も必要ですよね。

だからこそ、「葬儀の規模に合わせて、連絡をする人は制限する」のもマナーでといえます。

極端な話、あなたの友達の友達の友達のお父さんが亡くなったとして、友人伝いにあなたに葬儀の案内状がきても参加しようと思いませんよね。

なので、葬儀の連絡をするのは、

  • 家族
  • 親戚
  • 故人ととくに親しかった人(友人や趣味関係の人、ご近所さん)
  • 会社の人

くらいに留めておくと良いでしょう。

基本的に、「連絡する必要があるかないか迷う人」には連絡しないほうが良いです。

会社を経営していた人なら、従業員や取引先の相手などどうしても知らせなければならない人が増えてしまいますが、参列者がやたらと増えてしまうのも考えものです。

葬儀の価値は人数では決まりません。

家族でひっそり見送る場合、連絡は控えめに

「葬儀は家族と親しい人だけで、ひっそりとあげたい」という人もいますよね。

家族葬なんていったりもしますが、このように葬儀の様式にこだわりがある場合、誰に連絡をするかは良く考えたほうが良いです。

限られた人に連絡をしても、人づてに情報は広まってしまいますので、できれば必要最低限の人に連絡しましょう。

ただ、故人の交友関係が広いと、喪中のはがきなどで故人の死を知らせたあと、焼香をしたいという方がたくさん自宅に集まってしまいます。時間やおもてなしの問題もありますし、ひっそり行う葬儀では香典も控えめになるので金銭的な負担も大きくなりがちです。

故人の年齢や交友関係の広さを考えて、葬儀の規模を決めてから誰に連絡するか決めるのがおすすめです。

呼ぶべき人、呼びたい人を紙に書き出すと良いでしょう。

通夜や告別式の案内状とは?

訃報を知らせる人が多い場合、会場の場所がわかりづらい場合など、電話での訃報以外に通夜や告別式の案内状を出すことがあります。

葬儀社の方にお願いをすれば大体のことはやってくれますが、自分で用意することもあるので、どんなふうに案内状を書き、出せば良いのか知っておきましょう。

案内状はどんなふうに書けば良いのか

案内状に必要な内容は、大体決まっています。

  • 故人が亡くなったこと
  • 亡くなった理由や日付、年齢
  • 通夜、告別式を行うこと
  • 葬儀を行う日付と時間
  • 会場の住所と連絡先

これくらいです。

なお、死亡事故の場合あえて亡くなった理由を外しておくこともあります。

文面は、一から自分で考えるより、インターネットやマナー本に乗っているテンプレートを流用すると良いでしょう。

案内状の役割は、故人の死と葬儀の日程、場所を誤解のないように伝えること。

故人の死後すぐに案内状の内容を細かく自分で考えるのは、つらいことです。

書きたいことがたくさんあって内容が支離滅裂になったり、感情的になったりしてしまいがちなので、あえてテンプレートを流用した落ち着いた文面にするのが、受け取る側への配慮になります。

なお、香典や供花を辞退する場合は案内状に明記しておきましょう。

そうすれば、参列してくれる方々も事前に準備せずに良くなります。

案内状を送る方法

案内状を送る方法は、

  • FAX
  • メール
  • はがき(手紙)

のどれかです。

このうち、FAXとメールについては送ってすぐ相手に届くので、時間帯などを気にする必要はありません。

ただ、はがきや手紙で葬儀の案内をする場合、必ず「予定日の前日までに届くように」送る必要があります。

当日の朝はがきが来て、ばたばたと時間を調整して夜参列してもらう、というのは相手に対する配慮に欠けた行動です。

手紙やはがきの場合、郵便事故で紛失したり、葬儀が終わったあとに届くこともありえます。

日程に十分な余裕があるときのみ利用するのがおすすめです。

最近では自宅のプリンターではがきや手紙の印刷もできますが、紙質や印刷の品質が悪いものはあまり印象が良くありません。

不安な人は葬儀社に頼み、印刷会社を紹介してもらうと良いでしょう。