葬儀のお手伝いは、誰にお願いすれば良いのか

冠婚葬祭では、親戚や知り合いの人になにかを手伝ってもらう、という場面がよくあります。例えば、結婚式の受付は大抵新郎新婦の関係者です。

通夜や葬儀でも同じように、身近な方にお願いをして葬儀を手伝ってもらうことがあります。

といっても、誰にお手伝いを頼めば良いのか、どんなことを依頼すれば良いのか、そしてなにか気をつけるべきことは? などなど、事前に確認しておきたいこともたくさんありますよね。

今回は、「葬儀のお手伝いをお願いする」ことに関して、知っておいたほうが良いことをまとめて紹介していきます。

親戚やご近所さん、友人知人に頼めるお手伝いとは

葬儀のお手伝いを頼むとき、一番力になってくれるのは親類縁者です。

血縁の関係があるので信頼しやすい、故人とも関係がある、昔から知っているので頼みやすい、といった事情があるからですね。

ただ、ちかしい方に手伝いを依頼すると、せっかくの通夜や葬儀に落ち着いて参加してもらうことができません。そのため、ご近所さんと仲良くしているなら、そちらにお願いすることもあります。

とくに自宅を会場にして葬儀を行う場合、食事の支度や会場の準備に人手も時間も足りないことが多いですから、困ったときはお互い様、と助けてくれるご近所さんはとても心強い存在です。

では、お手伝いをしてくれる方々にはどんなことを任せたら良いのか、役割を知っておきましょう。

受付

通夜や葬儀にきてくれた方のお名前を記録し、香典やおくやみのことば、弔電、供花などを受け取ります。

受付の方がしっかりしていないと、葬儀に誰がきてくれたのかあとから確認できなくなってしまいます。香典返しなどでも参列者の確認は重要ですから、信頼できる方にお願いしましょう。

とはいえ、あまり動きまわることもありませんから、頼んでも負担にならない依頼ともいえます。

会計

葬儀のさい、香典を断っていない限り参列者の方から香典をいただくことになります。

誰からもらったのか、いくらもらったのかをきちんと記録しておき、また香典泥棒などが出ないようにしっかり管理してくれる人が必要です。

1人だけに頼むともしものこともありますから、できれば2人以上の方にお願いすると良いでしょう。

お金を扱う関係上、自ら手伝いを申し出てくれる人より遺族が信頼できる人に任せるのがおすすめです。

まれに香典袋に連絡先やお名前がない場合もありますから、受付の方と協力して、いただいた香典が誰からのものなのか、その都度確認する係でもあります。

道案内

霊柩車の誘導や会場への案内などを任せます。

会場によっては必要ないこともありますが、遠方の方は土地勘がないため、案内係が一人いたほうが親切ですし、スマートです。

車両整理

お車でこられる方の誘導や、霊柩車の案内などを行う係です。道案内の方と兼任することもあります。

道案内も車両の整理も、長時間会場の外で過ごすことになります。

葬儀にはなかなか参加できないので、体力があって故人との関係もあまり深くない方に任せるのが無難です。

炊事

葬儀では、告別式のあと参列者の方々をもてなすことが多いです。

葬儀社に食事の用意を手配してもらうこともありますが、自分たちで食事の支度をする場合、炊事をしてくれる人を探さなくてはなりません。

お台所周りの係は、基本的に女性の仕事です。

参列者やお手伝いをしてくれる人が小さな子供連れだと、炊事だけではなく子守も頼むこともあります。

男性が手伝ってはいけないことはありませんが、比率として女性のほうが多くなりがちなので、男性に頼むと肩身の狭い思いをさせてしまう可能性が高いですから、女性にお願いしたほうが良いでしょう。

ちなみに、慣れている方がいるとものすごくテキパキと仕事をしてくれるのでびっくりします。

接待

きてくれた方々や僧侶にお茶出しをしてもらったり、炊事役の方々がつくってくれた料理を運んでもらったりといった接待をお願いします。

炊事と接待のどちらもお願いすることもありますし、遺族があいさつ周りをかねて行うこともあります。

親しき仲にも礼儀あり!手伝いを依頼するときは、しっかりお礼をしよう

葬儀のお手伝いは、基本的に大変なお仕事です。

手伝いをしてくれる方は好意で受けてくれるので、親しき仲にも礼儀あり、と考えてしっかり感謝を伝え、お礼をするようにしましょう。

とくに、炊事周りのことをご近所さんや親戚の女性陣に頼んであまり良くない態度を取っていると、そのあとの関係がぎくしゃくしてしまいます。

お礼に関しては、地域性もあるのでそれとなくご近所の方などに確認してからお渡しするのが良いでしょう。現金が良い、品物が良いなどの違いもあります。

なお、お礼は葬儀のあと時間をあけずに行いましょう。

時間が経ってからのお礼だと取ってつけたように感じてしまいますし、好意で手伝ってくれた人に失礼です。

冠婚葬祭はまだまだ助け合いの色が強い催しです。

一人で、もしくは遺族だけでなにもかも負担してしまう必要はないので、頼れる人がいるなら素直に頼ってやりとげましょう。