通夜、葬儀のまえに必要な訃報の伝え方

不幸な事故によって大切な人が亡くなってしまった、という第一報をもらうのは、故人の家族になります。

当然、亡くなった方のために葬儀をあげることになるのですが、葬儀をあげるまえに、家族や知人にその人が亡くなったことを知らせなくてはなりません。

亡くなったことを知らないのに葬儀に参列することはできませんし、弔電やお悔やみなどもできません。誰にも知らせず、家族だけでひっそりと葬儀をあげる・・・なんて場合以外は、「訃報」を伝えることになります。

さて、ある人が亡くなったことを他人に知らせることを訃報といいますが、この訃報、いつ、誰に対してどんなふうに伝えれば良いのでしょうか?

冠婚葬祭はマナーが厳しく、あれをしてはいけない、これは大丈夫などルールも難しいものです。今回は、訃報についてマスターしていきましょう。

訃報には、「すぐに知らせるもの」「おいおい知らせるもの」がある

訃報というのは、ようするに人が亡くなったことの報せです。

ですので、故人や遺族とまったくなんの関係もない人にまで伝える必要はありません。

通常、事故で亡くなった方の通夜と葬儀は、亡くなった当日の夜から翌日、もしくは翌日からその次の日にかけて、半日ほどですませることが多いです。

葬儀の準備に時間がかかってしまうので、訃報を知らせるときは「すぐに知らせたほうが良い人には取り急ぎの連絡」を、「葬儀について細かいことが決まってから訃報を伝えても問題ない人にはあとで連絡」をすると良いでしょう。

すぐに知らせる訃報

警察や病院から故人の死亡を伝えられたとき、真っ先に連絡すべきは家族です。

もしくは、極めて親しい間柄の人に伝えても構いません。ただ、血縁者でない場合葬儀の段取りに関わることは少ないので、ある程度話がまとまってから連絡することをおすすめします。

家族の場合は、例えば「お父さんが事故にあった!」という電話連絡で構いません。ただ、配偶者のご両親など、ある程度形式を整えておきたい相手や故人ととても親しかった人相手に訃報を伝えるなら、

  • 連絡する人が誰なのか(故人との関係)
  • 故人が亡くなったこと
  • 葬儀については、決まり次第また連絡すること

まで伝えてあげましょう。

最初に故人との関係(○○の妻です、など)を伝えれば、訃報がいたずらでないことがわかりますし、なにかあったとき誰に連絡を取れば良いのかもはっきりします。

家族親族に連絡すると共に葬儀の段取りもしなくてはならないので、葬儀社にも連絡しておきましょう。

おいおい知らせる訃報

葬儀社と連絡を取ったあとは、斎場や火葬場を抑え、死亡届などを提出しつつ葬儀の準備をすることになります。

葬儀の内容が固まり次第、故人や遺族と縁のある人たちに訃報を出しましょう。

具体的には、

  • 親戚
  • 友人、知人
  • 会社の人
  • 近所の人

などです。

訃報を伝えるとき、相手が遠方にいるかどうかや時間を気にする必要はありません。

普通は早朝や深夜に連絡を取るのは失礼なことですが、訃報の場合はできるだけ急いで連絡することが大切なのです。

内容は、

  • 故人が亡くなったこと
  • 訃報を連絡している人が誰なのか
  • 喪主が誰なのか
  • 連絡先
  • 葬儀の日程と場所、様式など

を伝えます。

喪主は必ず伝えましょう。遠方にいて葬儀に参加できない人が弔電を打つとき、喪主の名前が必要になるからです。

また、「身内だけで静かに見送ってあげたい」なんて場合は、参列者を制限するためにも様式について一言添えておくのが大事です。

こだわりのある葬儀を行う場合、きちんと伝えておいたほうがトラブルになりません。

訃報を伝える方法は?

訃報を伝える方法は、電話が一番です。短時間で必要事項を伝えることができますし、ご年配の方など、メールでの訃報を嫌う人もいるからです。

その他、手紙や町内会の掲示板、新聞のお悔やみ欄、そしてメールも場合によってはアリです。

亡くなったのが会社の社長であるなど、訃報を伝えなければならないけど人数が多い、あまり私的な関係はないといった場合にはメールでの訃報も可能です。

メールだとわかりやすく会場の地図も添付できるので、相手がどんな人かを考えつつ連絡すると良いでしょう。

訃報を知らせる人は、「故人との関係の深さ」で決める

訃報を知らせるとき、誰に、どこまでしらせれば良いのか戸惑うこともあると思います。

そんなときは、「故人との関係が深い順」に連絡していきましょう。

「関係の深さ=血縁、仲の良さ」です。

家族や親族などの血縁者、親友、恩師などから連絡すれば間違いありません。

故人や遺族と親しい方は、葬儀の準備や進行を手伝ってくれる相手でもあります。

また、自宅を葬儀の会場にする場合、町内会へ連絡しておくことでご近所さんに手伝ってもらえることもあります。

訃報を知らせることで皆で知恵を出し合って葬儀の話し合いができる、呆然自失になっている喪主に変わって家族が取り仕切ってくれる、といったケースもあるので、仲の良い方には取り急ぎ伝えてあげましょう。