葬儀社選びを失敗すると・・・

「自分が喪主として葬儀を取り仕切る」機会は、人生のなかで何度もあるのでしょうか?

ほとんどの人にとって、自分が喪主となって葬儀をあげる回数なんて、一度か二度くらいしかありません。

ある程度ご年配で葬儀の差配がわかっているならともかく、まだ若く葬儀に参加した経験もあまりない、という方だと勝手もわかりませんし、「葬儀ってどうやれば良いの!?」と混乱してしまうことでしょう。

だからこそ、準備や当日の受付などをしてくれる葬儀社がいるわけです。

ただ、葬儀社の選び方を失敗すると大変なことになってしまいます。

  • やたらと高いお金を請求され、葬儀だけでお金がなくなってしまう
  • 葬儀の内容や段取り、当日の対応が悪く、集まった親戚や弔問客から心ないことをいわれてしまう
  • 心残りのある葬儀になってしまう

これは一例に過ぎません。

葬儀は故人とお別れをするための、とても大切なイベントです。心残りがあってはなりませんし、葬儀や通夜の間は喪主が挨拶回りや弔問客への対応などに追われてしまうので、もし不満があっても葬儀社の人に抗議する暇もないのです。

後悔しない葬儀をするために、きちんとした葬儀社を選べるようになりましょう。

良い葬儀社を選ぶポイントを紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

良い葬儀社=誠実な対応をする業者

人間誰しも、自分が良くわからないことを頼むときは専門家に任せます。

このとき、「皆が知っているから」「大きな会社だから」という理由で選んでしまう方も少なくないのではないでしょうか。

確かに、大きいところや皆が知っているところに頼むのは安心感があります。

ただ、こと葬儀社選びにおいては「大きい」「有名」はあてにならないと思っておいたほうが良いのです。

冠婚葬祭は人生において欠かせないイベントです。なので、葬儀社が提供するサービスがどうあれ仕事がなくなることはありません。

それに、冠婚葬祭にお金を惜しんだり、内容がひどくても文句をいうのは「不謹慎」、なんて風潮もありますよね。

大きい会社なら黙っていても仕事が舞い込んできます。

多くの利用者は「こんな葬儀社二度と利用するもんか!」と思ってもおおっぴらにはいいふらしませんから、特定の地域で悪評が立っていても、ほかの地域から仕事が取れてしまうわけです。

大切な人が亡くなり、呆然としているのを良いことに不必要なオプションを押し付けてくる、喪主の考えを無視して適当なプランでお茶を濁すなど、実際に多くの方が葬儀に後悔を抱いています。

だからこそ「あなたや故人の要望にしっかり応えてくれる」誠実な葬儀社を選ぶべきなのです。

人によって葬儀へのこだわりがあり、宗教によって葬儀の構成も変わりますから、誠実に対応してくれない業者はすっぱりと切りましょう。

地元の小さな葬儀社を探す

葬儀社選びに失敗しないためにおすすめなのは、「地元にある評判の良い小さな葬儀社」を探すことです。

とくに、知り合いが利用して評価が高い、長年ずっと同じ地域で営業しているといった葬儀社は良い業者であることが多いです。

どうしてかというと、「小さい葬儀社は、悪評が立ったらあっという間につぶれてしまうから」です。

地元の葬儀社は親戚やご近所さんからの紹介で仕事を取ることも多く、悪い口コミが増えるとすぐに閑古鳥が鳴いてしまいます。

悪評が命取りだからこそ、誠実に対応をしてくれるところが多いのです。

もちろん、地元の葬儀社でもいっていることが適当なら利用しないほうが良いです。

明朗会計の葬儀社を探す

最近は明朗会計をうたっている葬儀社も増えていますが、やはり最初から料金を提示してくれる、というのは大切です。

葬儀をお願いするときは、必ず見積書を頼んで明細をチェックしましょう。

見積書があればあとから追加料金を請求されても戦えますし、言った言わないの争いにはなりません。

よくわからない名目の請求があったり、質問しても言葉を濁したりされる場合はやめておきましょう。

また、対面しての相談もなくネットで手軽に葬儀費用の見積もりが出せる、あまりにも安いなどの場合、葬儀の質が良くなかったり、細かいお願いを聞いてくれない業者である可能性が高いです。

サービスや対応の良くない葬儀は、今後の親戚づきあいに影響することもあります。

ある程度安かろう悪かろうの部分があるので、明朗会計、かつ相場から外れ過ぎない金額の葬儀社を選びましょう。

複数の葬儀社を比べる

といっても、葬儀の相場なんてわかりませんよね。

なので、葬儀社を選ぶときは複数社に見積もりをお願いしましょう。

実際に葬儀社の方と会って相談するのがおすすめです。

質問にきちんと答えてくれるか、オプションやプランの押し付けはないか、こちらの話を聞いて適切なアドバイスをくれるかなど、対面での相談でわかることはたくさんあります。

勢いや第一印象で葬儀社を決めてしまうのは危険です。

複数社の見積もりと対応を見比べて、納得できる葬儀社を選びましょう。