死亡事故が起きてから故人の葬儀をあげるまでの流れを知っておこう

病気など、ある程度まえもってその方が亡くなることがわかっている場合、遺族は心の準備や葬儀についての相談をしておくことができます。

しかし、大抵の場合死亡事故はある日突然起こります。

準備もなにもあったものではないわけですから、葬儀までの手順がわからず、戸惑ってしまうこともあるでしょう。

そこで、今回は事故が起きてから葬儀をあげるまで、どのような流れになっているのかをざっくりと説明していきます。

事故から葬儀までの大まかな流れ

まず、事故から葬儀までの流れを理解していきましょう。

①事故が起きる

②死亡診断書(死体検案書)を書いてもらう

③葬儀社に連絡して葬儀の準備(各種の届け出や葬儀日程の連絡など)

④葬儀

死亡事故が起きてから故人の葬儀を行うまでの流れは、だいたい上記のようになっています。

一連の流れのなかで、わかりにくいのは①と②です。

例えば、病院で病気の治療中に亡くなった、という場合なら、病院から連絡がきて死亡診断書を書いてもらい、その場で葬儀社に連絡して遺体を運ぶ・・・など、葬儀まであまり時間はかかりません。

ただ、死亡事故の場合どこで亡くなったのか、どうして亡くなったのかなどを調べる必要があるので、多少手順が変わってきます。

①事故が起きる

仮にあなたが遺族の立場だったとして、「事故が起きたこと」の連絡は警察か救急隊(病院)からきます。

警察や救急車が駆けつけたとき、すでに被害者が亡くなっている場合遺体は警察に運ばれます。

被害者にまだ息がある場合、病院へ搬送されます。

被害者が手ぶらで歩いていたなど、警察が悠長に所持品を調べている暇がない場合は警察ではなく救急隊などから連絡が来ることもあるわけです。

連絡を受けたら、警察や病院に行って本人確認を行ったり、事情を聞いたりすることになります。

②死亡診断書(死体検案書)を書いてもらう

その人がどうして亡くなったのか、いつ亡くなったのかなどを客観的に証明する書類のことを、死亡診断書(死体検案書)といいます。

これらの書類は死亡届を出して火葬許可証をもらい、故人の葬儀をするために絶対に必要なものなので、必ずもらいましょう。

ちなみに、どうして必要な書類の名前が違うのかというと、死亡時の状況で書類を書く人が変わるからです。

いくつかパターンがあるので、一通り並べてみましょう。

  • 病院で亡くなった→病院の医師が死亡診断書を書く
  • 事故現場で亡くなった→警察に運ばれ、警察医が「検案」を行い死体検案書を書く
  • 「検案」の結果変死の可能性がある→検察官や警官による「検視」が行われる
  • 死因に事件性がある→「検案」のうえ、司法解剖も行われる

というふうになっています。

簡単にいうと、「病院で亡くなると病院に行って死亡診断書」「病院以外の場所で亡くなると警察に行って死体検案書」をもらうということですね。

なお、「検案」や「検視」は遺体の解剖をしないので、あまり時間はかかりません。

ただ、事件性が疑われる場合は司法解剖や遺体の保存が必要です。

死亡事故で司法解剖まで行われることはそう多くはありませんが、もし必要になった場合、遺体が自宅や葬儀社のところに戻ってくるまで数日時間がかかることもあるので、頭の隅に留めておきましょう。

③葬儀社に連絡して葬儀の準備(各種の届け出や葬儀日程の連絡など)

病院や警察から死亡診断書(死体検案書)をもらったら、各種の手続きや葬儀の準備を進めることができるようになります。

  • 葬儀社に連絡して葬儀の段取りをする
  • 役所に行って死亡届を提出し、火葬許可証をもらう
  • 斎場や火葬場、お寺などを抑える
  • 葬儀の参列者に連絡をする

などなど、やることはたくさんあります。

多くの場合、喪主は忙しさで目の回るような思いをすることになりますね。

葬儀費用の工面も必要ですし、プランはどうするのか、遺影はどの写真を使うのか、家々や地域によって異なる葬儀の慣習はあったかなど、確認することは山積みです。

ちなみに、時期やタイミングによっては火葬場や斎場の予約を取れないこともあります。年末年始や友引など、場合によっては葬儀まで1週間かかることもありえます。

また、死亡事故の場合は司法解剖が必要だと時間がかかります。事故から数日経ってようやく遺体が戻ってきて、それから葬儀の日程を決めて・・・と葬儀が数日ずれこむことも。

遺体をきれいにしたり、遺体の損傷がひどい場合は修復をしたり、防腐処理を行ったりと納棺までにやることが増える場合もあります。

④葬儀

特別な事情がなければ、葬儀は事故の翌日にあげられます。遅れても数日から1週間といったところで、普通の葬儀と日程はあまり変わりません。

保険会社との交渉や保険金の請求なんてあとでいくらでも可能です。

事故のあとは、故人をしっかり弔ってあげましょう。