死亡保険金は相続財産、ではない!

「生前に生命保険に加入していれば、被保険者が亡くなったあと手続きすればもらえる」のが死亡保険金です。

家族を死亡事故で失い、経済的にも精神的にも打ちひしがれている遺族にとって、まとまって金額を受け取ることのできる死亡保険金は、まさに救世主のような存在です。

ただし、便利なものだけに死亡保険金の扱いは複雑です。

契約の内容や実態によってかかる税金の種類が違うなど、なにかと話題になる死亡保険金ですが、今回は「死亡保険金は、はたして相続財産なのか?」という疑問に答えていきましょう。

そしていきなり結論をいってしまうと、「死亡保険金は相続財産ではありません」

相続財産は「受取人の財産」

死亡保険金について調べていると、さまざまな情報が出てきます。

生命保険は相続税の節税手段にもなって便利である、相続税がかかる、などです。

「もらったら相続税がかかるのなら、相続財産じゃないの?」と思いますよね。

ですが、厳密にいうと違います。

そもそもの話、相続財産、遺産ってどんなものだと思いますか?

「故人がもっていた財産を、相続人のあいだで分割する」のが遺産相続ですよね。

このとき、遺産として認められるのは、

  • 現金や不動産
  • 借金やローン

など、有形無形の財産すべてです。

もう少し突っ込んだ話をすると、例えば毎年5千円の配当がある株券は、「毎年5千円もらえる財産の所有権」ともいえますよね。

では、死亡保険金がどのようなものかを考えてみましょう。

死亡保険金とは、「自分が亡くなったとき、受取人に指定した人が死亡保険金をもらえるように保険会社と交わす」契約です。

いいかえると、「受取人が、被保険者が亡くなったときに保険会社に死亡保険金を請求できる権利」でもあります。

故人が保険に加入した段階で、お金を払っているのは故人でも死亡保険金は「受取人の財産=請求権」になるのです。

死亡保険金の請求権は、契約をした時点で故人の手から離れてしまっているので、「亡くなったときにもっていたもの、財産、権利」である相続財産にあたらない、というわけです。

死亡保険金は遺産分割の対象に入るのか

ここまで、死亡保険金は相続財産ではないことを説明しました。

つぎに気になるのは、「死亡保険金は遺産分割の対象になるの?」ではないでしょうか。

例えば、「死亡事故で亡くなった主人の、死亡保険金の受取人がお義母さんになっていた! 主人がお金を払って加入した生命保険の保険金なのだから、妻で法定相続人でもある私にも保険金を受け取る権利があるのでは?」といった疑問です。

死亡保険金は高額です。ひょっとすると、故人の遺産総額よりも大きい、なんてケースも十分考えられます。

受取人が請求をすれば、法定相続人がなにをしていても保険会社から支払われるものなので、受取人以外にも相続人がいた場合、気分的に不公平感を覚えてしまう方もいるわけです。

「自分よりもたくさん遺産(らしきもの)をもらっている人がいる」ことで、遺産についての話し合いがこじれることも少なくありません。

というわけで、さくっと答えていきましょう。

「死亡保険金は、遺産分割の対象に入りません」

死亡保険金は相続財産ではなく「受取人の財産」です。

故人の財産なら遺産分割の対象として相続人同士公平にわけあいましょうね、という話になりますが、受取人固有の財産を遺産としてわけてほしい、と請求することはできません。

ただ、遺産分割の対象にはならないとしても、相続人のあいだで著しく不公平感があったりする場合、死亡保険金とは別に、遺産相続の割合を調整することもあります。

受取人が指定されていなかった場合は?

生命保険の保険証券を見て、受取人の欄が空欄になっている場合はちょっと話が変わります。

この場合、保険会社が定めるルールによって受取人を決定するか、もしくは「死亡保険金を請求できる権利」を相続すると考えて、法定相続人皆で分割することになります。

受取人を指定していなかった場合、遺産相続が不本意な結果になることもありえるので注意しましょう。

死亡保険金を遺族が受け取ると、「みなし相続財産」として相続税がかかる

最後に、死亡保険金の税金について説明して終わります。

死亡保険金は受取人固有の財産なので、遺産分割の対象にはなりません。しかし、死亡保険金や死亡退職金などは「みなし相続財産」といって、もらうと相続税がかかります。

相続放棄をしない場合、「生命保険の非課税枠」というものを利用することができ、「500万円×法定相続人の人数」までは非課税です。

例えば、死亡事故が起きてある人が亡くなり、あなたに死亡保険金が2000万円支払われた場合、あなたを含めて故人の法定相続人が4人いれば、「500万円×4人=2000万円」が非課税になるので、死亡保険金をもらっても、その部分の相続税はかからない、というわけです。

遺産分割の話し合いでは、死亡保険金をもらった人が槍玉に挙げられることもあります。

遺産相続でもめたときのためにも、死亡保険金の性質や扱いについて良く知っておくのがおすすめです。