死亡保険金をもらったら、税金を納めなくてはならないのか

死亡事故によって亡くなった人が死亡保険金の出る生命保険に加入していた場合、受取人は保険会社に「死亡保険金」を請求することができます。

では、ここで一つ問題です。

死亡保険金をもらったら、あなたは税金を納めなくてはならないのでしょうか?

どのような形であれ、お金をもらう=儲かると税金がかかりますよね。

働いてお給料をもらうと、その金額に応じて「所得税や住民税」がかかります。家族であっても、他人からお金をもらうと「贈与税」がかかります。

故人の遺産を相続すると、やはりその金額に応じて「相続税」を納めなくてはなりません。

税金の難しいところは、場合によっては「お金をもらっても税金がかからないケース」なんてものがあることです。

一見すると同じようなケースでも、条件によって税金がかかったり、かからなかったり、全く別の税金がかかったりします。

そして、死亡保険金は「契約をした人、保険料を払った人、もらう人」が誰かによってかかる税金の種類がかわるお金なのです。

死亡保険金をもらってかかる税金の種類は、相続税、所得税、贈与税の3パターンのいずれかです。

今回は、「死亡保険金にはどんなケースでどの税金がかかるのか」を紹介していきます。

用語をチェックしよう

誤解があってはいけないので、死亡保険金と税金について考えるまえにまずは用語を確認しておきましょう。

死亡保険と税金について理解するためには、最低でも以下の単語について理解しておかなくてはなりません。

「被保険者」=死亡保険金が出る保険に加入している人、名義人

「保険料負担者」=生命保険の保険料を、実際に払っている人のこと

「受取人」=被保険者が亡くなったときに、死亡保険金をもらえる人のこと

です。

「死亡保険金は条件によってかかる税金が変わる」というのは、被保険者、保険料負担者、受取人が誰なのかによって変わるということなのです。

それでは、3つのパターンを確認していきましょう。

パターン①死亡保険金と相続税

  • 被保険者=故人
  • 保険料負担者=故人
  • 受取人=遺族(法定相続人)

あなたが受取人だったとして、「保険の名義人もお金を払ったのも故人本人」の場合、受け取った死亡保険金の額に応じて「相続税」がかかります。

生命保険金はみなし相続財産なので相続税がかかる、といいきってしまうとわかりづらいので、もう少し補足しておきましょう。

大切なのは、お金の流れです。

パターン①の場合、お金は「故人→保険会社→あなた」というふうに移動していますよね。

保険会社は、支払われた保険料をもとに死亡保険金をつくっています。

遺産相続とは、「故人→遺族」というお金の移動ですから、「故人が自分のお金を使って、あなた(遺族)のために残したお金」と考えられるパターン①の場合、相続税がかかるのです。

なお、相続税の対象になるのは基本的に法定相続人だけです。

どうしてかというと、「第三者では死亡保険金の受取人になれない」からです。

探せばあるのかもしれませんが、友人などの第三者が保険金を受け取ることができてしまうと、保険金殺人や詐欺などによる保険金の不正受給も理論上可能になってしまいますよね。

そのため、死亡保険金の受取人はだいたい二親等(きょうだいや両親)から三親等(曾祖父母やおじ、おばなど)までに制限されていることが多いのです。

パターン②死亡保険金と所得税

  • 被保険者=故人
  • 保険料負担者=あなた
  • 受取人=あなた

このように、「生命保険の名義人は故人だったものの、実際にお金を払っていたのはあなた、受取人もあなた」である場合、相続税ではなく「所得税」がかかります。

遺産というのは故人がもっていた財産ですから、あなたが保険料を払っている=もともとはあなたのお金という状態だと、平たくいえば「投資をして利益を受け取った」ようになってしまうわけです。

お金の流れを見てみると、「あなた→保険会社→あなた」とあなたが支払ったお金が戻ってきたような移動の仕方になっていますよね。被保険者が故人でも、お金を出していないので普通に儲けたときと同じように所得税がかかるわけです。

パターン③死亡保険金と贈与税

  • 被保険者=故人
  • 保険料負担者=あなた
  • 受取人=あなた以外の人

パターン3はちょっと複雑ですが、ようするに「被保険者と保険料負担者、受取人が全員違う人」なら、所得税でも相続税でもなく「贈与税」がかかりますよ、ということです。

例えば、受取人が故人のいとこだったとしましょう。

すると、お金は「あなた→保険会社→故人のいとこ」というふうに移動をします。

死亡保険金をもらういとこは、そもそも法定相続人ではない(この場合は奥さんが法定相続人ですね)ので、「親戚とはいえ、他人からいきなりお金をもらった」状態です。

お金をもらったときにかかる税金は贈与税ですから、贈与税を納付しなければならない、となるわけです。

とても複雑に感じると思いますが、パターン分けをしてしまえば「どういう状況でどの税金がかかるのか」は一目瞭然です。

死亡保険金と税金について悩んだときは、3つのパターンで考えましょう。